交通事故の後遺障害は弁護士にご相談ください。

車やバイクを所有する人には、自賠責保険という保険に加入する義務があります。
この保険は各自が加入する自動車保険とは違い、交通事故によって負傷した方の補償をする保険のため、物損や自損事故は補償の対象とならないのが特徴です。
では、なぜ異議申立という事態になってしまうのでしょうか。
このページではその原因と、対処方法を少しご説明したいと思います。

そもそも「後遺障害」と「後遺症」は別物であり、ケガや病気が原因で機能障害・神経症状が残ってしまうものを後遺症と呼びます。
一方、後遺障害は医学的に交通事故によるケガであると証明され、なおかつ労働能力の低下が認められる必要があります。
さらに、その程度が自賠責保険の等級に該当するものでなければいけないため、例えば事故後に後遺症が出た場合でも、条件を満たしていないと後遺障害と認定されないのです。
認定には主に医師などの書類が不可欠となりますが、そこで症状の見落としや評価ミスが発生すると、誤った等級の認定になりかねません。
また、加害者の保険会社を通じての申請では、必要な書類が揃っていないまま提出されてしまう可能性も少なくないようです。
この場合、認定を再度実施するための異議申立を行うことができます。

後遺障害サポートドットコムは、そんな後遺障害に悩む方のためのページです。
経験豊富な専門弁護士が、異議申立から解決まで全力でサポートしてくれますので、気になった方はまず無料相談をしてみてはいかがでしょうか?